2008年06月28日
一生懸命やってると・・・☆
・・・最近ちょっと元気になる話☆
080624_165440.jpgウチの俳優、田中登志哉が、6月24日付け、朝日新聞朝刊の「働く東京」という欄に、俳優紹介記事が掲載された。

話は事前に聞いていたけど、こんな大きく取り上げていただけるなんて、本人も事務所もピックリ!!(笑)

芝居が大好きで、一生懸命やってると、きっと誰かとどこかでいい出会いがあるという一例で、私もとってもありがたいし、今後の励みになった。

彼も20代の頃から知ってる俳優さんで、やっと40歳越えて自分の持ち味が出てきていいキャラです。

もちろんキャラだけに頼ることなく演技も切磋琢磨してるからね・・。きっときっとどんどん「いい俳優」になることでしょう☆






080628_201524.jpg<6月28日>(土)

映画「初めての家出」の打ち上げパーティにて。

菱沼康介監督と、弊社女優、瀬名あずさ

主演は金沢美穂ちゃんというエイベックスの期待の女優さんでまだ13歳位ですが、次々と出演作が決まっているそうです。

瀬名あずさはダンスの先生役でインストラクターの資格を持ってる彼女にはぴったりのキャスティングでした(笑)

2009年公開予定で、今から楽しみです☆

そして・・・、なんというご縁なのでしょうか?
菱沼監督は、明日から始まるウチの俳優が出演する舞台
<俳優市場>3本立てのうちのひとつ「駅〜オーバー・ザ・ヘブン」の演出家でもあるのです。
菱沼監督の作品には、植田ゆう希と、杉下絵美が出演します。

この舞台の話があった時は、演出が菱沼監督だと決まってなくて、後から決まったので、本当に様々なご縁を感じますねー。これにはウチから4人、古山慎祐、坪谷隆寛も違う作品に出演します。いよいよ明日からなのでがんばって欲しいモンです。
(舞台情報は→このブログのアルファコミニュティ319番の記事と、7月出演情報に載っています。)

この企画はエイベックスさんや、ケイダッシュさんやタイムリーオフィスさんほか、ウチを含め11社の芸能プロダクションによる「若手俳優の顔見世興行」です。舞台見て、お買い得俳優が見つかったらキャスティングしてね・・というダイレクトな「俳優市場〜お買い得ショーケース」です(笑)

そんなこんなで、さっきの田中登志哉さんじゃないけれど・・・、

一生懸命やってると、「人と人はどこかでつながるもの」だということを。しみじみ実感する今日この頃です。






 
2008年06月22日
たいくつな人生☆
・・・今日みたいな雨の中、70歳をちょぉぉっと越えたウチの母がつぶやいた・・・。

『何にもやることがなくて、たいくつ・・』と・・・。

・・・お母さん、アナタの娘は今日もお出かけです、お仕事で・・・(笑)

確かにね、70歳も越えれば、目は老眼で細かい文字見るのはしんどいだろうから本も読みたくないだろうし、天気が良ければお友達と散歩にも買い物にも行けるけど、この雨じゃ・・ね。
テレビも日曜の昼間はろくなのやってないし・・。
(あ、人生波瀾万丈って番組で今日は、桑田真澄選手ことやってたね。これは興味深かったね。まさに、波瀾万丈ー!!借金17億円って何??すごい・・・(笑))

娘の私からしたら、今までさんざん働いて忙しい思いしてきてるンだから、年金貰ってるなら、どこへでも自由に遊びに行けばいいににさぁ・・って思って、いつもそう言ってるんだけど、
『老後、寝たきりになったらお金必要だから・・』とか言って、あんまり自分の為には使わない。

あなたは・・・・、『もう、老後だちゅうの!!!!』(笑)

何でも好きなことすれば???って言ってるのに、何が好きなことか分からないらしい・・。

生きる為に必要なことしかしてこなかったから、
何が本当に好きなことかは考えたことないらしい・・。

・・・若い人が、人生が退屈だとかヌかしたら、

『仕事を楽しめ!』ってアドバイスするけど、母じゃね・・。
・・・何と言ったらいいか、どなたか教えてくださいませ(笑)☆

・・・仕事を楽しむ!は今の私・・・。☆☆

発明王、トーマス・エジソンは晩年、こう言ったそうだ。
『私は1日も労働した事が無い。それはすべて道楽だったからだ・・。』

この言葉はいったい何を意味しているのだろうか?
道楽!!!って、・・・さすがにここまでは私も言い切れないけど・・・。
私は少なくとも毎日毎日、人生、退屈はしてないねぇ〜!仕事を愛してンのかしら?

仕事を愛する人。
・・毎日が楽しく、朝の目覚めが楽しみで、生計を立てるより創造性を発揮すうこと重視して、だから色んなアイディアも出るし、行動も出来るし、着実に業績も上がる。毎日がエキサイティングな人。

仕事を嫌う人。
・・毎日仕事が苦痛だけれど生活だからと、イヤイヤ働いているから、少し働くと疲れを感じてしまう人。仕事に不満があるけど、改善しようと努力しないで我慢だけしてるヒト。毎日がタイクツな人。

結局、人生を退屈しないで過ごすには、二つの方法しかない。
今の仕事や、やっていることを愛するか、愛することを仕事や生活の基盤にすること・・。

今、人生が退屈だと思っていたり、不安に感じている人がいたら、私は迷わず、この言葉を差し上げるだろう。ま、愛することを仕事に選んだ方がいいでしょうー!!

『人生がたいくつ? 
  もしそうなら、 自分が信じる仕事に、
   全身全霊をかけて打ち込み、それに命を賭けるべきだ。
・・・そうすれば、
   想像もしていなかったほど、大きな幸せが見つかる』(デール・カーネギー)

・・・・・だけど・・・・・、

ウチの母にはいったいどんな言葉を???

今日は思わず、私は言いました。
      
『退屈で、幸せじゃん!!』・・って〜(笑)

 
2008年06月15日
俳優&女優におすすめ映画☆
・・・ここ最近、けっこう所用がたまりきっていて映画は、ウチの俳優が出演させていただいているものを優先順位で見てるから、本当に自分が見たい映画は後回しになって、公開時期を逃してしまうことが多い。

そして、やっと土曜とか、日曜とかに見れた映画の最中に仕事の俳優入り時間だとか、場所だとかの電話がガンガン鳴る・・・(笑)

そんな毎日の中で、今日は、
俳優、女優におススメ、人生を深く考えたい人におススメ映画をひとつ・・。

『シークレット サンシャイン』・・・・現在公開中です。080615_113940.jpg

オアシス』のイ・チャンドン監督が5年ぶりにメガホンを取った映画。息子と地方都市に移り住み悲劇に見舞われるシングルマザー(チョン・ドヨン)と、彼女をそっと見守る不器用な男の魂の救済を描くラブ・ストーリー。チョン・ドヨンはこの作品で、2007年カンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞。共演の『グエムル -漢江の怪物-』のソン・ガンホとともに見事な演技をみせる。愛する者を失う悲しみ、そして淡々と語られる生きるということの不条理が胸に突き刺さる。[もっと詳しく]

・・・私はこの映画紹介の『ラブ・ストーリー』という紹介は、えっ???・・・と疑問ですが・・。見た人はいかかでしょう?ラブ・ストーリーなんて陳腐な言葉で紹介して欲しくない映画です。私個人的には・・・(笑)

ま、それは置いといて、この映画の登場人物たちのイキイキとしたリアリティのある演技、その存在感・・・。内容は好き嫌いがあるとは思うけれど、私は俳優プロダクションの社長として、マネージャーとして、この主演二人のような俳優をみんな目指して欲しいと思う。

俳優は顔、スタイルだけでは成り立たない、結局は演技、役作り、その俳優の人生が一番なのがよく分かる。

特に、ソン・ガンホは色々な映画で常に新鮮な感動を見る人に与えてくれる『天才的俳優』ですが、それが彼の天性の才能のみなのかといえば、決してそうではないだろうと思う。
日々の過ごし方、演技に対するすべてをかけて挑む姿勢が、決して力技ではなく、自然に、役が本当に生きている実感をもって演じられているし、どうしたら、こんなふうな演技、存在感が出る俳優になれるのかは一言では言えないけれど、まず、『彼の演技の本質とは?』という問いかけを持って、彼の出演するすげての作品を繰り返し見ることによって、何かそれぞれつかめるものがあるだろうと思う。

女優陣で言ったら、主演のチョン・ドヨンの芝居。ホントに美人じゃないし、どこのでもいる普通の人を演じているけれど、『ユア・マイ・サンシャイン』でHIVに冒されたヒロインを奔放に、繊細に演じていたり、不倫に溺れる主婦の役でヌードも辞さない体当たり演技とか、17歳の小学生という役柄の『我が心のオルガン』とか、一定のイメージに縛られない『憑依型女優』でもあるのだけれど、決して、役が彼女に憑依してるワケではなく、役作りの苦しみを伴った彼女の確かな演技力が、あまり美人でないがゆえに『俳優が演じているお芝居』だということを見るものに忘れさせてしまう。

この二人を見ていると、美人やイケメンで無いほうが俳優としてはお得!と思ってしまうから不思議です(笑)

今回のこの映画は私は別の意味で見に行ったのだけれど、ウチの俳優サンさちにはぜひ見て欲しい映画ですねー。『ザ・マジックアワー』もよかったけどね(笑)

・・・・今、日本の芸能界の状況だと、大手の事務所にいる俳優さんたちだとか、顔、スタイルが抜群にいいとか、いろいろな売れる要素がまず演技力よりも先に来てる気がするけれど、けれど、それは韓国やアメリカ、ハリウッドでも同じようなモンでしょう。そこから、美人でもイケメンでもなく、ただ『俳優しとての能力』のみで世に出て来ている俳優さんたちも日本でも海外でもたくさんいる。

もちろん、美人でイケメンで、演技力のある俳優もたくさんいるし、入り口はバーターでも、毎日いい現場に入っていれば感性がよければ『俳優としての成長は早い』のでしょう。

だから、本当にこの『俳優しとての仕事に自分の一生涯を賭けるなら、毎日、一瞬たりとも忘れないで、俳優として生きている』ことしかないとしみじみ思うような今回の映画です。

今日はこれから『ハッシュ』の橋口亮介監督の『ぐるりのこと』を見に行きます。これも木村多江さんんとリリー・フランキーさんと、倍賞美津子さんが楽しみだし、ハッシュはよかったからねー。けっこう楽しみです☆


 
2008年06月11日
映画ってホントにいいものですね・・・。
・・・映画に人生のすべてを捧げたといっても過言ではない、水野晴郎さんが亡くなった・・。
76歳・・。まだまだ若いよねー。

私もものごころついた時から、金曜ロードショーの解説でお世話ななったもんです。

だんだんと映画だけが世界の情報のリーダー、唯一の娯楽だった時代を知っている人が少なくなる・・・。水野さんと同世代、戦後が青春時代だった人からしたら、つい最近、次々と起きる本当の事件、秋葉原の無差別殺人とか、東京江東区の隣人殺人とか、点滴作り置き事件とか、もろもろのことなんて、「なんでそうなるの??」って、とても信じられないことだろう・・・。

どうなってしまったのかな?????最近の日本は????

「将来が不安だ」ってのは、いつの時代も共通しているけれど、昔の人は、食べていけるかどうかの切羽つまった物理的不安が多かっただろうけど、最近の将来の不安は「社会全体がどうなっちゃうのか?」って、漠然とした精神的不安だから、より不安感が募るよね・・・。

テレビにニュースもさぁー、どのチャンネルでも同じニュースだしね・・。ホント、ニュース見るのイヤになる〜!!!
あああ、いやな世の中だわ・・て悲観的になっちゃうもんね・・・。どうしたもんかしら??

でも!!!!今日・・!!

若い、イキイキした、将来のエネルギーを見たよ☆
080611_133357.jpg
・・実は、今日はワタクシ、久々の「女優モード」でした・・☆

日本映画学校、2年演出ゼミでの実習映画に、「高校生の子供の母」の役でお手伝いに行ってきました。

久保朝洋監督という現役監督のもとに映画学校俳優科1年の俳優さんたちと2年生の演出科の生徒さんたちで作る映画実習で、休憩時に俳優付きで日傘を差してくれるサード助監督さんの役目の人までいて本格的。

みなさん、さすがに将来、自分で映画監督になりたいという夢をもった若者たちだから、真剣だし、一生懸命だし、よく動く!外ロケだったから、車や人止めしたり、セッティングしたり、エキストラやったり・・、大活躍です!
私の母としての役と主役の女の子の母の役はさすがに生徒さんでは出来ないから外部プロダクションにオファがある                 
けれど、私としては『本物の俳優さんを見たこともない生徒080611_133422.jpgたちなんで・・・。よろしく!』という監督の言葉に、内心、ビビッてました(笑)

私で何かお役に立てるなら・・と、ドキドキもんで参加しましたが、何だか一生懸命、汗流してやってる18、19、20歳位の人たちに囲まれ、久しぶりに「心のクリーニング」をさせていただいたよう・・・。

やっぱり、一生懸命は伝染するのです!!

へんなマイナス感情や、不安感も伝染するから、やっぱり、こんな「創造の現場の高ぶったエネルギーが日本全国に伝染すること」を祈ります☆

だからこそ、映画って、ホントにいいものですね・・。

水野さんに合掌・・・。そして、映画学校の若い力!
これからもがんばってほしいもんです☆

もちろん、ウチの俳優さんたちもね(笑) 

どんな現場も、誠実に、一生懸命に・・・☆

 
2008年06月08日
ぱらぱらと・・日記・・・☆

梅雨入りですかぁ??何だかウチの中もちょっと湿気があってうっとうしい感じです。

いっぱいネタがありすぎて何を書こうかな?と思いつつ、自分の日記をちょっと昨年とか、アトランダムに読み返してみた・・・(笑)

けっこう固いこと書いてあるねぇぇぇ〜!!(笑)

・・・日記って、その時々に思ったこと書いてるから、前に日記見ると、ああこんなことあったなーって思い出すけど、普段はけっこう忘れてたりする。

私、MIXIもやってるから、私のマイミクさん(知らない人だけど、MIXIを通じてお友達になった人)たちには、普通の主婦の方がいたり、映像関係の監督さんたちがいたり、俳優やミュージシャンがいたり、ビジネス関係者がいたりと様々だけど、面白いのは、その方々たちの同じ日の日記を一挙に読むと、ホントに、同じ一日でこうも考えてることや、日々の出来事が違うのか、まざまざとリアルに分かること・・・。

ネコ仲間の方々の日記には愛猫のまったり、お茶目な写真が載ってて和まされ、かたやこの1週間で合計8時間しか寝れてないほど忙しい業界の方や、同じ時間を生きてるってのにホントに面白いですねー。

・・・私は??・・・まぁ、普通に、この芸能業界並みの忙しさではありますが、1日に6時間は寝れてます(笑)

・・・このとこ、俳優陣たちの活躍が目覚しいので、忙しいんのは嬉しいことでもあります。
(月別最新情報とか、俳優個別情報に今日、新しい公開出来る情報もアップしましたが、まだまだ書ききれないので、ほんとサワリだけになってます・・・。)

ちょうど、俳優たちが現場写真や、舞台のチラシを送ってきたりしてのでご紹介・・☆☆

080608_135459.jpg080608_135437.jpg
<江木圭が舞台やります〜☆>

2008年時来組プロデュース公演
『志士たち』(赤根武人役)

6月11日〜15日
 新宿シアターサンモール


<尾関伸嗣&今吉祥子>初舞台決定!本日から稽古初日☆

○7月20日本番ですー!

映画監督&WOWOWシナリオ大賞受賞の杉山嘉一さんに初舞台演出も引き受けていただきました

G−Friends(檜尾健太&たべひろのぶのHIPHOPユニット)主催ライブなので、かれらも歌で出演します〜

20080608141913.jpg20080608142029.jpg


















枝川吉範が舞台やりまーす☆チャルラフシャンプーという団体名です☆

今回は、演技バトルという5団体で予選から優勝決定選までやる、『東京シアターゲート 笹塚SHOW劇場デュオステージBBs主催』
http://www.djdj.co.jp/ttg/に参加します。

日時:6.13(金)-6.22(日)
一日、30分×3団体のスケジュールになりますが。観客みなさんの投票により優勝を決定します・・・・・これ、がんばって欲しいねー!

下の写真は、今吉祥子と、植田ゆう希の、とある現場の衣装合わせの写真・・・。

メイド服・・・、かわいい・・(笑)
    こういう服が似合う頃にもどりたいモンです。。。。

(なぜ、メイドが大流行なのか????・・・・ストレスで現実生活にせっぱつまってる現在において「ご主人さまぁ・・」と言って欲しい男性陣の切なる願いか???(笑))

imayoshi.jpgphoto_15.jpg


















・・・そんなこんなで、来週もNHKにて某ドラマに弊社のかなやす慶行と河野安郎がいい役どころでお仕事いただいたので、衣装合わせもあるし・・、日々、事務所としての成長が感じ取れ、ますますがんばろうと思う今日この頃です。

あ、あと、6月17日(火)フジテレビ系22時〜「無理な恋愛」最終回に一挙に6人
たぶん面白い感じで出演しますので見つけてください(笑)
 出演者は、檜尾健太&たべひろのぶのHIPHOPユニット(G−Frebbds)
                アコーディオンの佐藤文吾、演歌の大和田礼子、オペラの宮腰ゆき、
        あややの坪谷隆寛
・・・・・うふふ、さて、どんなシーンでしょうー????
    願わくば、塚本連平監督、、、出番カットしないでねぇぇぇ〜!!(笑)
     (テレビ初出演の俳優さんは、親御さんも楽しみにしてるンだよね〜☆)
                     ・・・なので・・・、よろしくお願いします・・・。

そんなこんなで、またこれから、お仕事に行って参りま〜す☆☆☆