2008年04月06日
才能・花・開く☆癸
・・・3月8日に書いた日記<才能・花・開く>の続編で、やっと詳しいことが書けるようになりました(笑)

・・・実は、ウチの尾関伸嗣と針原滋が出演させて頂き、先日までWeb配信していた『探偵事務所52nd シーズン〜メイド・イン・ドリーム』と花ヶ前浩一が出演させていただいた『セカンド・ライフ』の杉山嘉一監督が、何と、今年のWOWOWシナリオコンクールで500通以上の応募のあった中から、みごと第1回『シナリオ大賞』に輝いたのです!!!

昨日の新聞にも記事が出ていましたし、詳しくはWOWOWのホームページに出ています。                           

・・・・杉山監督は探偵事務所5のご縁でウチの俳優陣とも親交を頂いている若き監督。

かなやす慶行や松原正隆の舞台や、中松俊哉のプロデュース映画のイベントなど、お時間ある限り、顔を出してくださる気さくな、身体も心も大きい人ですが、今回のシナリオ大賞にしても、ご本人が、『好きな道を、地道にコツコツと歩いて、努力してきたことが世間的な高い評価を受け、花が開いた瞬間』です。もとろん、自分が書いたシナリオなんだから、自分で撮ると思うし・・・。

映画監督としても、パーッと花開く予感です。おめでとうございます〜♪♪

身近にこういう快挙を成し遂げる現実があると、本当に勇気づけられますねー!

だって、よく『誰にでも、一生懸命やっていれば、ワンチャンスはある。その時の為に、日々をどうす過ごすかが大事!』って、みんな頭や理屈ではわかっているけれど、本当にそれを『信じて』『行動してる』人って、数少ないんじゃないかと思う・・。

そして、やっぱり、クリエイティブな職業を続けるってことは『毎日の過ごし方』が大事なんだよね・・。
毎日、毎日、『自分が何者であるか?を考え、それにあった思考と生活を続ける』こと。
あとは、『信じること』
そして、『出逢った人を誠実に大切にすること』

・・・これが、どんな職業であれ、成功への階段を上る王道なのではないかと思う。

ウチの俳優ではないけれど、せっかくドラマのレギュラーになって、高い評価を受け、次に続いているのに、次の現場では甘えが出て、頻繁に遅刻したり、役作りがおろそかになりつつある俳優さんも知ってます。今は成功への階段を登っていますが、何となく、表情が貧相になって来た感じがして、ホントに、落ちるのも早いと思いますねー。にじみ出る普段の生活の雰囲気って、本人は分からないから、怖いモンです。
(ま、もって生まれた強運の持ち主なら、どっかで持ち直すか・・・。(笑))  

サクラの花の開花のしくみって、この前、私、初めて知りました。
080330_095518.jpg
『桜の花の芽は、昨年の夏にもうすっかり準備が出来ていて、訪れる気温の低下と共に冬眠状態に入り、そして、春、気温の上昇とともに目覚めて、一気に花開く』んだそうです。へぇぇ?知らなかったー!春に一気に芽の準備して、花が咲くんだとばかり思っていたわ・・。

・・・ぱーっと咲いて、ぱーっと散る、そのいさぎよさの桜でさえ、半年も前から準備してるとは・・・。

半年前からの準備をおくびにも出さず、見事に咲き、見事に散る桜・・。あんまり散る時は好きじゃないから(笑)やっぱり私は桜の花自体のようにはなりたくないけど、でも毎年毎年咲き続けている『桜の木』は大好き!!!
(ついでにサクランボも好きなので、実がなる桜はもっと好き☆笑)

私の花はもうすぐ、ウチの俳優たちとの花の咲くのに合わせて咲く気配です。あとは、準備、準備・・・。

お先に芽が出て、大輪の花の咲く気配濃厚の杉山監督に遅れをとらないように、がんばらなっくちゃーね☆