2007年06月17日
映画のちから
・・・昨日は、ワタクシ、20ン年ぶりに大学の学舎に行って「お勉強」ターイム!!
キネマ旬報社が主催する「プロデューサー講座」の第1回目。(全10講座)。

070616_171859.jpg場所は麹町にある「城西大学」のとある教室・・・。今の大学は中も外観もきれいだねー!!(そーとー、儲かってるわネー(笑))

第1回の昨日は二人の講師で、約5時間・・。ああ・・・、久しぶりに携帯も切って、いつもの忙しい日常から離れた時間で充実したわー!!

今にして思えば、もっと勉強できる学生時代があったのに、もったいなかったなー!!!
まあ、その時はその時で、やりたいことが勉強・・じゃなかったからねー!(言い訳・・(笑))

一人目は、キネマ旬報総合研究所の掛尾良夫さん。「日本映画産業の現在」
1950年代〜現在までの映画産業の観客動員数とか、上映スクリーン数とか、海外とかの比較とか、普段あんまり考えないことでとてもビジネス目線で面白かった・・!!

二人目は「下妻物語」とか「嫌われ松子の一生」とかの映画プロデューサー、
螢妊好撻蕁璽箸梁緝宗∪佚塚瑳さん。「日本映画製作の新たな発想法と戦略」

・・・これも実際に最近ヒットした作品で私も見てるし、自作を例に企画の立案と資金調達の方法、、監督、キャストの起用法についての講義。新たな発想法による斬新な企画の発想と製作体制についての具体例は様々な面で私の今後のビジネスに役立つことだったねー。

・・・そして、今日、昨日の資料に目を通しつつ、「映画のちから」「俳優のちから」ってナンだろう??と考え込んでみた・・。

私自身、映画、テレビのドラマ性に惹かれて子供の頃からこの世界に入りたかったワケだけど、もっと普通のこの世界の「観客」としても「求めるもの」が確かにある。。。

いち観客としての私がドラマや映画に求めるものは・・・「メッセージ性よりも、<ある種の感動>」!!
つまり、笑いや涙・・。特に、日常生活で「泣けない私」としては、完璧に「泣ける体勢になって映画に臨めるもの」が好み(笑)・・・。爆笑、ほのぼの、ほろり・・・、の映画も好きだけど、号泣した映画は2回も3回も見たくなる。

メッセージ性ばかり強いものは、そのメッセージに賛同出来ればいいけど、感情移入は難しい・・・。賛同出来ても、アマノジャクの私はスナオに賛同しないで、アラ探しちゃうから、あんまり楽しむとこまで行かないし・・・。(笑)

それよりも、大衆娯楽の超大作見て爆笑したり、ワクワクしてた方がスッキリする・・。

あと、キレイな音楽、キレイな映像のアート系の映画は好き!!これは、DVDとかでウチで見るより、絶対、映画館の音響設備の整った、大きなスクリーンの方が、その世界に」どーっぷり浸れて満足する・・!!

・・・これ、私みたいな仕事してない、普通の人はどうなんでしょう??
このブログを見た方、お願いですから、下の「コメント(comment)」欄に、そろぞれのお立場でざっくばらんに教えてください〜☆☆

「映画を何故見に行くにのか??」「または。何故、行かなくなったのか???」・・・・ホントに聞きたいですー!!

あと、俳優に仕事を貰ってくる私としては、「俳優のちから」「俳優に求める観客の視点、意見」もかなり重要だと思う・・。
ニーズに合ってない方向に走ってもしょうがないしねー☆

何が一番怖いことかって・・「裸の王様」よ!!(笑)
製作サイドや俳優サイドが満足しても、どんな商売もそうだけど、最終的には「顧客満足!!」に尽きるからねー!!

私のブログ、かなり数字だけはアクセス数あるから、覗いてくれている方、せっかくなんで、ナマのご意見ちょうだいぃぃぃぃ〜!!製作サイドの方、一般顧客の方、色々な意見聞けるとうれしいなー!!

MIXIなんかだと、コミュニティで「映画館へ行こう」みたいなのがあって一般の方の意見が載ってて面白いけど、かなりマニアックだったり、世代としては若い人が多いんだよねー。
私が知りたいのはホントに、「映画好き」って人ではなくて、「普通に生活してる一般観客さま」のご意見!!

どんな映画なら、久しく足が遠のいていたり、1年に1回しか見ない映画を少なくとも1年に2−3回行く気になるのかなー??

昨日の講義でも、確かに「日本は映画料金が高い!!」って言っていた。じゃあ、韓国みたいに日本の半額なら行く気になるのか??・・・そんなことでもないよねー???映画の日は1000円だし、前売りは1300円だしねー。

舞台なんか最近4000円台が普通だもんねー!!これで面白くないの見せられたら、映画なら途中で帰るか寝るか出来るけど、舞台は「ゴーモン!!」(笑)この金額なら映画3本見れちゃうじゃんー!!ってのの方が多いし、デカイ劇場なら1万円台の鑑賞券なんてざらだし・・・。

なんで日本の観客は映画を見なくなったんだろう???
どんな映画なら「見たい!!」って思うんだろう????
ホントに知りたい!!


ウチの母たちなんて、「寅さん」映画が無くなったら、何年も映画なんて行ってないもんねー!!

「寅さん」こそ、「映画における俳優のちから」・・・なのだろうか????

はぁぁぁ〜☆・・・日曜の夜にこんなこと、つきつめてイジイジ考えてたら・・・疲れたぁぁぁ〜(笑)